Event

「Innovation Nippon」主催のシンポジウム等に関するご案内、お申し込み受付サイトへのリンク、シンポジウムの結果やアウトプットについての報告を掲載します。

Innovation Nippon 2016 シンポジウム「情報の自由と活用を考える―政治・消費・対話のパラダイムシフト」

2016年12月15日(水)13:10~18:30
※開催レポートが公開されました。(右のボタンから閲覧できます)

テクノロジーの進歩によって人々は大量の情報を自由に共有・発信出来るようになり、それらを活用することでさらなる社会の発展がある――。21世紀はそのような情報化社会になるといわれ、実際に次々と生産・消費活動、ビジネスモデル、コミュニケーション方法等が創造的に破壊され、社会は大きな変革を迎えようとしています。しかしその一方で、情報の活用が進んでいない地域・分野が多いことや、情報の自由と責任のバランス等、社会が検討すべき課題は多くあります。
Innovation Nippon 2016では、情報の自由と活用促進について改めて考えるため、政治・経済・コミュニケーション等の幅広い視点から実践的研究を行ってきました。シンポジウムでは、「地方創生をITの力で促進する」「人々の情報シェアがもたらす経済的インパクトと政策的検討」「ITがもたらす選挙のイノベーション」についての新たな知見を公表するとともに、ITによってもたらされた情報の自由と活用、そして情報社会の未来について議論します。

■ 開催場所
東京ミッドタウン カンファレンス Room7

■ 主催
Innovation Nippon

■ 後援
総務省、グーグル株式会社、国際大学GLOCOM

■ 登壇者(登壇順)
 今川拓郎(総務省 情報流通行政局 情報流通振興課長)
 田村祥宏(株式会社イグジットフィルム フィルムディレクター/代表取締役)
 河野秀和(シタテル株式会社 代表取締役)
 庄司昌彦(GLOCOM主任研究員/准教授)
 山口真一(GLOCOM研究員/講師)
 木村忠正(立教大学 社会学部 教授)
 津田大介(ジャーナリスト/メディア・アクティビスト)
 福井健策(弁護士(日本・ニューヨーク州))
 高木聡一郎(GLOCOM主幹研究員/准教授)
 西田亮介(東京工業大学リベラルアーツ研究教育院 准教授)
 清原聖子(明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授)
 渡瀬裕哉(早稲田大学 招聘研究員)
 関口和一(GLOCOM客員教授/日本経済新聞社 論説委員)

■ 定員
120名